究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » 老化に負けないお肌のメカニズム » 角質のバリア機能

角質のバリア機能

角質は本当にお肌に必要ない余計なものなんでしょうか。本当はお肌を守ってくれる角質について解説します。

角質がないとお肌は刺激にさらされる!

角質=除去するもの、というイメージが強いため、必要ないものだと思われるかもしれませんが、実はお肌を様々な刺激から守るバリア機能を形成しているのは他でもない、この角質なんです。

角質がある角層は肌表面からわずか0.02mmしか厚みがない非常に薄い層ですが、その中では約20層もの角質細胞が積み重なっています。細胞同士の隙間は「角質細胞間脂質」と呼ばれるセラミドなどの成分がみっちりと埋めており、外側から表皮に刺激が伝わらない構造になっているんです。

これにより角質部分で摩擦や紫外線などの刺激を食い止めているほか、お風呂に入っても体の中に水が浸透していかないようにしていたり、海水に浸かっても塩漬けにならないように防いでくれているのです。

いらない角質はターンオーバー周期を延ばしてしまうため取り去るべきですが、角質を取りすぎて過度に薄くなってしまうと、当然その部分はバリア機能が弱くなり、外からの刺激や化粧品の影響で肌トラブルを起こしてしまうんです。また、お肌の乾燥によりセラミド等が不足してしまった場合も、角質細胞の隙間から刺激が伝わりトラブルの元になります。

内側にある潤いも守ってくれる

角質のバリア機能には外からの刺激を防ぐだけでなく、お肌の内側にある潤いを蓄える働きもあります。

「角質細胞間脂質」であるセラミドは保湿成分としても有名ですよね。健康な角層にもセラミド等により20~30%の水分が蓄えられているおかげで角質細胞の隙間がしっかりと埋まり、お肌の内側の潤いが蒸発していくのを防いでいます。ところがセラミドを作り出す力が弱まってくると、まずは角層の水分が蒸発。次いでその下の表皮からもどんどん水分が失われ、お肌が乾燥状態になってしまいます。

お肌の表・裏両方のバリア機能を正常に保つためにはお肌を保湿しておくことが大切なんです。特に酵素洗顔などで角質除去を行った後は刺激に敏感になりやすく、普段は平気なことでもバリアが壊れてしまう可能性があります。しっかりと保湿ケアをして、お肌のバリア機能を弱めないように注意してください。