究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » お肌のタイプ別に正しい洗顔方法 » 毛穴・角栓が気になる方

毛穴・角栓が気になる方

角質と皮脂が混ざり合ってできる毛穴つまりと黒ずみ(=角栓)。キレイな毛穴になるための正しい毛穴の洗顔方法をご紹介します。

毛穴の洗顔は事前の準備が大切!

酵素洗顔 毛穴
毛穴の詰まりや黒ずみを解消するには、皮脂洗浄力の強い洗顔料で洗えばOK!と思っている方も多いかもしれませんが、実はこれが大きな落とし穴。ただ毛穴を洗うだけでは汚れをしっかり取り去ることはできない上、同じ場所に汚れが詰まりやすい状態のままになっています。毛穴をキレイにしたいのであれば、洗顔前の準備とアフターケアを忘れずに行いましょう。

まずは洗顔前の準備です。

(1) 手をきちんと洗う
どんな肌状態の方でもまず初めにすべき事は、手の汚れや細菌を落とすこと。手が汚いまま洗顔すると、細菌や汚れを顔になすりつけることになってしまいます。お肌を守るためにも、手をしっかり洗いましょう。

(2-1) 蒸しタオルで毛穴を開く
洗顔する前に、角栓を除去しやすい状態にして洗顔の効果をぐっと高めましょう。
水で濡らしたタオルを40秒くらいレンジで温め、お肌に乗せて少し熱い程度の温度になったら出来上がり。顔に乗せてしばらく置けば、毛穴から汚れが浮いてきます。入浴中はお風呂の蒸気で体が温まり毛穴が開きやすくなるほか、汗が角栓や黒ずみの汚れを柔らかくしてくれるのでとても効果的です。

(2-2) オイルマッサージをする
別の方法として、気になる部分の汚れをオイルで浮かせるのも有効手段です。オリーブオイルやグレープシードオイルはお肌に優しく、汚れを浮き上がらせてくれますよ。
ちなみに、オイルクレンジングのオイルは界面活性剤が入っているためオススメできません。この段階で洗浄力はまだ求めていませんので、肌に優しい自然由来のオイルを使ってください。

毛穴ケアができる洗顔方法

さて、いよいよ洗顔に入りましょう。洗顔料を泡立てる前に、もう一手間だけかけるとより洗顔の効率が良くなります。

(3) 一度32~34℃のお湯で素洗いする
事前にぬるま湯だけで落とせる汚れを落としきることで、余計な部分に洗浄力を使わなくて済み洗浄効率がUPします。また、洗顔料がお肌によく馴染むようになるので、手間を惜しまずこのステップを取り入れましょう。

(4) よく泡立てた洗顔料で顔を洗う
いよいよ洗顔料の登場です。泡を顔におしつけるように洗うだけでOK、毛穴が気になるからといって擦ったりつまんだりは絶対にやめましょう。今までの事前準備のお陰で、泡が触れただけでもポロッと角栓がとれていきます。
もしこれでも取れない根深い角栓がある場合も焦らずに、毎日朝晩正しい洗顔をすることで、少しずつ毛穴と角栓は改善していきますよ。

どうして酵素洗顔がいいの?

勘違いしている方も多いのですが、毛穴に詰まる角栓の内、油分は3割程度しか含まれていません。角栓の正体は、上手く落としきれていない角質、つまりタンパク質。

そのため、いくら強力なオイルクレンジングで洗っても、普通の汚れは落とせても、角質は溶かすことができないのです。

そんな中で活躍するのが酵素洗顔。酵素はタンパク質を溶かして取り除く働きを持っているため、角栓ケア効果が非常に高い成分だといえます。

お肌に溜まった角質を取り除くことで、ターンオーバーが整ってくるため、だんだんと毛穴の目立たない肌に近付けることができるのです。

洗顔後にはビタミンC補給!

毛穴の汚れがきれいになったら、きちんと引き締めて汚れが溜まりにくい状態を作りましょう。

(5) 化粧水で引き締める
洗顔後はなるべく早くお肌にうるおいを補給しましょう。毛穴の引き締め、皮脂分泌の抑制、お肌の酸化防止と毛穴が気になるお肌には嬉しい効果を沢山秘めている、ビタミンCが入った化粧水が効果的です。
冷水で引き締める方もいますが、効果が一時的であること、刺激になる可能性が高いことから避けたほうがベターです。

また、普段の食生活に気をつけたり(抗酸化力のあるビタミンCやビタミンE、肌のキメを保つコラーゲンなどを積極的に摂取する)、顔の筋肉を鍛えて肌と毛穴のたるみを防ぐのも効果的です。