究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » お肌のタイプ別に正しい洗顔方法 » くすみが気になる方

くすみが気になる方

肌に透明感がなくつやがない肌状態のくすみ。そんなくすみが気になる方のためにお肌の明るくする洗顔方法をご紹介します。

どうして顔にくすみが出てしまうの?

酵素洗顔 くすみ
鏡に映っているあなたのお肌、明るく透明感はありますか?それとも、黄色っぽかったり、黒ずんでいたりして冴えない色ですか?
後者だった貴方、顔にくすみが出てきてしまっています!これ以上溜め込む前に早く対策することをオススメします。

そもそも、どうして顔がくすんでしまうのか?というと…

■ 顔の汚れが落ちていない
洗顔が不十分で1日の汚れをきちんと落としきれていないと、徐々に皮脂やメイクが肌に残ってくすみの原因に。

■ 紫外線
紫外線の刺激でメラニンが生成されると、シミやくすみの元凶に。また、長年紫外線を浴びると真皮が黄色く変化してきます。

■ 乾燥
保湿が不十分だったり、過度な洗顔をすると肌のバリア機能が壊れ、刺激に弱くなりくすみも発生しやすくなります。

■ 老化
新陳代謝が悪くなりターンオーバーが遅れることで、古い角質がいつまでも残りくすみになります。

などなど原因は様々ですが、普段のケアを少しだけ丁寧にしたり、お肌を気に掛けるようにすれば肌状態はおのずと変わってきます。

■ 血行不良
体の冷えやタバコが原因で血流やリンパの流れが悪くなり、顔色が悪くなります。老廃物もうまく排出できず、ターンオーバーも遅れてしまうので、肌の内外でくすみを作ってしまうことに。

くすみを無くす洗顔方法

たった7日で顔色が本来の明るさに近づく、とっておきの洗顔方法をご紹介します。

(1) ぬるま湯(32~34℃くらい)が最適
顔の表面から皮脂が溶け出す温度は30℃。それより少し温かい温度で顔を洗うと、自然と顔から皮脂が出てきて洗い流すことができるのです。手で触っても温かさを感じないくらいが適温で、それ以上高い温度になると刺激になりシミ・くすみが発生してしまうので御注意を。

(2) 酵素洗顔料は保湿成分入りをチョイス
洗顔している最中~直後は、顔表面の皮脂や角質が落ち、お肌は刺激に弱い状態になっています。保湿成分入りの洗顔料なら、お肌の汚れを落とすと同時に保護し、バリア機能を弱めることなく洗い上げることが出来ますよ。洗い上がりに化粧水がいらないくらいしっとりするものもあるので、色々なものを試してみてください。

(3) 洗顔料はたっぷり泡立てる
きめ細かい泡を優しくお肌に馴染ませるだけで、毛穴の奥の汚れや古い角質をしっかり取り除いてくれます。
泡立てネットを使うことはもちろん、泡立ちの良い洗顔料を選ぶことも重要です。

(4) 泡が残らないようにすすぎ、タオルで拭く
すすぎ残しはくすみの原因になりますから、最低でも15回~20回はすすぐようにします。
タオルは必ず新しいものを使い、優しく当てるように水気を拭き取ってください。ここで擦ったら今までのケアが台無しです。

どうして酵素洗顔がいいの?

くすみの改善は、酵素洗顔が最も得意とするケアの1つです。くすみの大きな理由は、上手くターンオーバーができなかった角質です。酵素は老廃物やメラニンを含んだ角質を分解してくれます。

また、毎日不要な角質を落としてあげることで、ターンオーバーの正常化にもつながり、くすみのできにくい透明肌へ近づけることができるのです。

ただし、酵素洗顔には毎日使用できるものと、週1~2回程度の使用が推奨されているものがあります。ターンオーバーの正常化は、毎日の角質ケアを行ってこそですので、洗顔料をしっかりチェックしてくださいね。