究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る

くすみが気になる方

肌に透明感がなくつやがない肌状態のくすみ。そんなくすみが気になる方のためにお肌の明るくする洗顔方法をご紹介します。

どんな状態がくすみって言うの?

そもそもお肌のくすみとは、どのような状態を指すのでしょうか。

くすみの主な特徴としては、肌が黄色やグレー、茶色っぽく見える、首と比べて顔の色が暗く見える、肌にハリやツヤがなくキメが整っていない、いつも使っている色味のファンデーションが浮いて見えるなどの症状があります。

人によっては夕方になるとくすみが出てくる方もおり、症状の表れ方は様々です。

どうして顔にくすみが出てしまうの?

酵素洗顔 くすみ
鏡に映っているあなたのお肌、明るく透明感はありますか?それとも、黄色っぽかったり、黒ずんでいたりして冴えない色ですか?
後者だった貴方、顔にくすみが出てきてしまっています!これ以上溜め込む前に早く対策することをオススメします。

そもそも、どうして顔がくすんでしまうのか?というと…

■ 顔の汚れが落ちていない

洗顔が不十分で1日の汚れをきちんと落としきれていないと、徐々に皮脂やメイクが肌に残ってくすみの原因に。

■ 紫外線

紫外線の刺激でメラニンが生成されると、シミやくすみの元凶に。また、長年紫外線を浴びると真皮が黄色く変化してきます。

■ 乾燥

保湿が不十分だったり、過度な洗顔をすると肌のバリア機能が壊れ、刺激に弱くなりくすみも発生しやすくなります。

■ 老化

新陳代謝が悪くなりターンオーバーが遅れることで、古い角質がいつまでも残りくすみになります。

などなど原因は様々ですが、普段のケアを少しだけ丁寧にしたり、お肌を気に掛けるようにすれば肌状態はおのずと変わってきます。

■ 血行不良

体の冷えやタバコが原因で血流やリンパの流れが悪くなり、顔色が悪くなります。老廃物もうまく排出できず、ターンオーバーも遅れてしまうので、肌の内外でくすみを作ってしまうことに。

くすみの種類

一言でくすみと言っても、様々な種類が存在します。くすみを改善するには、自分がどのタイプなのかを把握することが大切なので、それぞれの特徴についてしっかり把握しておきましょう。

メラニンくすみ

皮膚が茶色っぽく変色してできるのが、メラニンくすみです。紫外線を浴び続けると発生しやすく、顔の一部分にできるのが特徴です。

乾燥くすみ

皮膚がグレーがかったような色に変色するのが特徴のくすみです。肌がカサつき、ツヤがない状態になります。

汚れくすみ

古い角質が蓄積された状態でできるくすみです。皮膚の表面がざらざらしてカサつき、透明感がなくなります。肌の色が全体的に黒ずんで見えるのが特徴です。

黄くすみ・茶くすみ

黄くすみや茶くすみは、皮膚が黄色や茶色っぽく変色して表れるくすみです。肌のハリが失われ、透明感がなくなります。

産毛くすみ

カミソリで繰り返し産毛を剃っているうちにできてしまうくすみ。毛穴が目立ち、頬や額など一部分にできるのが特徴です。

油やけ

古い化粧品を使ったり、化粧品に含まれる油分が酸化したりすることで発生する症状。皮脂が多いとできやすく、顔だけワントーン暗く見えるのが特徴です。

酵素洗顔が合うタイプ・状態を見てから使った方が良いタイプ

くすみを改善するのに効果的な酵素洗顔料ですが、人によって合うタイプとそうでないタイプがいます。

自分がどのタイプに当てはまるのかをきちんと見極めて、適切な洗顔料を使うことが大事です。どのようなタイプが酵素洗顔料に適しているのか、詳しく見ていきましょう。

酵素洗顔がぴったりの人

酵素洗顔に向いているのは、肌にゴワゴワ感や角質肥厚などがある方、ターンオーバーが正常に機能していない方、化粧ノリが悪い方、肌がグレーっぽく見える方、脂性肌の方などが挙げられます。

これらの症状が見られる場合は、肌に古い角質が溜まってくすみができている可能性が高いので、酵素洗顔が効果的です。

酵素洗顔を見合わせた方が良い人

酵素洗顔を見合わせた方が良いのは、敏感肌の方やインナードライ肌の方、毛穴パックやスクラブ入り洗顔で角栓を取り除いている方、急に皮脂が増え始めた方、肌の乾燥や赤みが気になる方などです。

このような症状が出ている場合は、肌のターンオーバーが活発に働きすぎていたり、バリア機能が低下していたりといった理由でくすみができている状態です。

酵素洗顔を使用すると、症状を進行させてしまう可能性もありますので、肌の状態を確認してから使うようにしましょう。

くすみ肌の方の酵素洗顔の選び方

くすみ肌の方が酵素洗顔を選ぶときのポイントとしては、主に以下の通りです。

  • 古い角質や皮脂を適度に落とせる
  • 肌への刺激が少ない
  • 洗顔後に肌がつっぱらない
  • 泡がきめ細かい

くすみを取り除くには、古い角質を取り除くことが大事ですが、あまりにも洗浄力が高いものだと逆に肌に負担をかけてしまいます。肌トラブルを招かないためにも、適度な洗浄力があるものと肌に負担をかけないものを選ぶようにしましょう。

くすみを無くす洗顔方法

たった7日で顔色が本来の明るさに近づく、とっておきの洗顔方法をご紹介します。

(1) ぬるま湯(32~34℃くらい)が最適

顔の表面から皮脂が溶け出す温度は30℃。それより少し温かい温度で顔を洗うと、自然と顔から皮脂が出てきて洗い流すことができるのです。手で触っても温かさを感じないくらいが適温で、それ以上高い温度になると刺激になりシミ・くすみが発生してしまうので御注意を。

(2) 酵素洗顔料は保湿成分入りをチョイス

洗顔している最中~直後は、顔表面の皮脂や角質が落ち、お肌は刺激に弱い状態になっています。保湿成分入りの洗顔料なら、お肌の汚れを落とすと同時に保護し、バリア機能を弱めることなく洗い上げることが出来ますよ。洗い上がりに化粧水がいらないくらいしっとりするものもあるので、色々なものを試してみてください。

(3) 洗顔料はたっぷり泡立てる

きめ細かい泡を優しくお肌に馴染ませるだけで、毛穴の奥の汚れや古い角質をしっかり取り除いてくれます。
泡立てネットを使うことはもちろん、泡立ちの良い洗顔料を選ぶことも重要です。

(4) 泡が残らないようにすすぎ、タオルで拭く

すすぎ残しはくすみの原因になりますから、最低でも15回~20回はすすぐようにします。
タオルは必ず新しいものを使い、優しく当てるように水気を拭き取ってください。ここで擦ったら今までのケアが台無しです。

(5)洗顔後は保湿ケアを忘れずに

お肌のくすみは乾燥が原因で起こることが多いため、改善するには酵素洗顔だけでなくクレンジングや化粧水、美容液、保湿クリームなどを使って保湿ケアを行うことも大切なのです。
特に、保湿効果が高いナールスゲンやヒアルロン酸などの水溶性化粧品、セラミドなどの油溶性化粧品を使用するのがおすすめです。また、紫外線対策や血行促進、食生活の改善なども心がけるとくすみの改善に繋がるでしょう。

どうして酵素洗顔がいいの?

くすみの改善は、酵素洗顔が最も得意とするケアの1つです。くすみの大きな理由は、上手くターンオーバーができなかった角質です。酵素は老廃物やメラニンを含んだ角質を分解してくれます。

また、毎日不要な角質を落としてあげることで、ターンオーバーの正常化にもつながり、くすみのできにくい透明肌へ近づけることができるのです。

ただし、酵素洗顔には毎日使用できるものと、週1~2回程度の使用が推奨されているものがあります。ターンオーバーの正常化は、毎日の角質ケアを行ってこそですので、洗顔料をしっかりチェックしてくださいね。