究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » お肌のタイプ別に正しい洗顔方法 » ニキビが気になる方

ニキビが気になる方

顔・胸・背などに見られる皮膚の炎症性疾患のニキビ。ニキビが気になる方のためにニキビケアの正しい洗顔方法をご紹介します。

ニキビ=脂性肌 という考えを改める!

酵素洗顔 ニキビ
ニキビに悩んでいる貴方、脂性肌用のさっぱりするスキンケアをしていませんか?
実は、生まれつき脂性肌という方を除くと、さっぱりとするケアが必要なのはお肌の水分量は充分足りている&皮脂分泌が盛んな10代の頃だけ。20代以降にニキビが出来てしまうのは、内臓障害やストレス、食生活など様々な原因が考えられるため、皮脂が問題とは一概に言えないのです。

さらに、皮脂過多の対極にある「乾燥」でもニキビが発生してしまうのをご存知でしょうか。お肌が乾燥すると、バリア機能が弱くなってしまいますが…それを修復しようとして、どんどん皮脂が作られてしまうんです。その結果、顔表面はテカテカでいかにも脂性肌ですが、内側は超乾燥肌の状態に。さっぱり系のケアばかり取り入れて保湿をおろそかにしてしまうとテカリやニキビはいつまでも改善せず、悪化の一途を辿ります。

どんな肌状態でも、まずは丁寧な洗顔と保湿を心がけてください。
また、食生活が乱れている、健康状態が悪いという方は、まずバランスのよい食事から。ストレスが絶えない方は効果的なリラックス方法を見つけたり、睡眠の質を改善することでもニキビ改善効果があると思います。

ニキビを無くす洗顔方法

ニキビ肌に効果的な洗顔方法は、以下のとおりです。あなたのお肌の奥には既に次のニキビの元が眠っている状態なので、すぐにニキビが消えてなくなるわけではありませんが、続けることでニキビの悪化を抑え、徐々に発生を少なくすることが出来ます。

(1) 手を洗う
手に汚れが付いた状態で顔を洗うとお肌の上で雑菌が繁殖する原因となり、せっかくの洗顔が無意味になってしまいますので手をしっかりと洗い、清潔にしましょう。

(2) 顔を水だけで素洗いする
汗やホコリなどのちょっとした汚れは、わざわざ洗顔料を使わなくとも水だけで落ちます。先に落とせる汚れは落としておき、洗顔料でしか落とせない汚れ(皮脂など)だけを洗顔料で落とすようにします。水の温度は顔の皮脂が緩む30℃くらい(少しだけ冷たいと感じる程度)が最適。

(3) 洗顔料を泡立てて、顔を洗う
きめ細かい泡を脂っぽさが気になるところから順に優しくお肌に馴染ませるだけ。こすったりせず、泡のみが顔に触れるように洗いましょう。泡が勝手に汚れを吸着してくれるので、特にくるくるとマッサージする必要はありません。

(4) 泡が残らないようにすすぎ、タオルで拭く
すすぎ残しはニキビの原因になりますから、最低でも15回~20回はすすぐようにします。このときの水の温度も30℃くらいがベストです。
タオルは必ず新しいものを使い、優しく当てるように水気を拭き取ってください。ここで擦ったら今までのケアが台無しです。

その他、注意点として以下のようなことに気をつけて洗ってください。
■ 熱すぎるお湯は使わない
■ 1日に洗うのは朝夜の2回まで

どうして酵素洗顔がいいの?

酵素洗顔がニキビケアに良い理由は、しっかりと毛穴ケアができるということ。

ニキビの原因となる毛穴つまりを引き起こすのが、お肌に居残り続けている古い角質です。この角質はタンパク質でできているため、タンパク質を分解する作用を持った酵素洗顔は、ニキビにも効果的なんです。

ただ、合成の酵素洗顔料など刺激が強いものは、やりすぎるとお肌に刺激を与えてしまうので注意が必要。天然の酵素を使用しているなど、毎日使用しても大丈夫な酵素洗顔もありますので、最初は自分の肌状態と相談しながら、週1回~2回くらいから始めましょう。