究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » お肌のタイプ別に正しい洗顔方法

お肌のタイプ別に正しい洗顔方法

酵素洗顔は、お肌の状態や肌質にあわせて最適なものを選ぶことが大切です。お肌のタイプ別に正しい洗顔方法をまとめました。

酵素洗顔を選ぶ際に注目することは?

洗顔は「たっぷりの泡をしっかり立てて、お肌に触れないように泡で洗う」のが鉄則。お肌の表面は本当に極薄であり、ラップ1枚あるかないかくらいだそうなので、ほんの少しの刺激でも簡単に破れてしまうんです。肌の表面がボロボロになっているまま同じ洗顔を続けていると、じきにまだ未熟な細胞がお肌の表面に露出してしまい、ちょっとのことでヒリヒリしたり痒くなる敏感肌になってしまうのです。

特に、酵素洗顔の場合は肌表面のたんぱく質を分解しており刺激に弱い部分が表面に出てくる場合もあるため、通常の洗顔時より刺激には気を配らなければいけません。手のひらで直接お肌に触れて顔を洗う行為は、かなりの摩擦を引き起こしてしまうため絶対に避けましょう。

とはいえ、上手に泡立てるのが苦手…という方も多いはず。そこで、まずはじめに弾力があり細かい泡を立てる基本的な方法をお教えしましょう。当サイトで取り上げている酵素洗顔料に多く採用されている「パウダータイプ」の上手な泡立て方を、写真つきで掲載していますのでどうぞご覧ください。パウダーは水と馴染ませる&泡立てるのが難しいと思われがちですが、コツをつかめばとっても簡単に細かい泡が立てられます。

続いて、お肌の悩み別にオススメの洗顔方法をご紹介していきます。どんな肌状態でも基本は「泡で洗う」ですが、くすみを減らしたい場合、ニキビができている場合、毛穴が気になる場合など、お肌のコンディションによって洗い方を変えることで、最適なケアができますよ。肌状態は刻一刻と変化し毎日変わりますので、その日の状態にあわせた洗い方をしてあげましょう。