究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » 最近話題の酵素洗顔料を検証してみました » ブライトニングソープを検証

ブライトニングソープを検証

ブライトニングソープの保湿力、泡立ち、肌への優しさ、洗浄力など効果について検証した結果をご紹介します!

ブライトニングソープの実験スタート!

ブライトニングソープ

メコソームのブライトニングソープは、固形石けんタイプの酵素洗顔。クリアな石けんは手にフィットするちょうど良いサイズで、柑橘系の良い香りが漂います。

Point1 「保湿力」

ブライトニングソープ 保湿力

写真ではちょっと泡の層が薄く見えますが、しっかりお肌に吸い付いてくれる優秀な泡です。密度も充分で、刺激はないですよ。

ブライトニングソープ 保湿力

少々泡切れが悪いので洗い流すのには丁寧なすすぎが必須。きっちり落とした後は、特にケアを何もせずともお肌はしっとり感がしっかり残ってくれています。石けん自体の保湿成分がお肌に残っているから泡切れが悪く感じるような気がしました。

Point2 「泡立ち」

ブライトニングソープ 泡立ち

元々ネット泡立て推奨商品ですが、石けんですから手で泡立つのかな?と思い実験。いつまでも液状なままで泡が出来る気配がありません。私の泡立て方がヘタなのか?いや、うーん…

ブライトニングソープ 泡立ち

ネット使用に切り替えると、初めはちょっと弱々しい泡だったんですが徐々に泡の量が増えてきて、キメも細かくなり密度の高いしっかりしたものに変わりました。

ブライトニングソープ 泡立ち

弾力を確かめてみたところ、指を押し返すほどのパワーが。手で泡立てていたときの弱々しさはどこへやら、といった感じです。ブライトニングソープを使う際には洗顔ネットが必須アイテムですね(製品に大きなネットが付属していますので、ご安心を!)。

Point3 「肌へのやさしさ」

ブライトニングソープ 肌へのやさしさ

洗浄成分であるラウレス硫酸ナトリウムは原料が安価でコストを抑えるために使われることが多い、あまり安全性は保証できない成分。その他、お肌に影響が出る可能性が多少なりとも報告されているものがいくつか配合されているため、総合的にみるとやや心配は残る結果に。お肌の弱い方はサンプル使用から始めることをおすすめします。

  • PG(保湿剤、溶剤、粘度低下剤)
  • ラウレス硫酸Na(合成界面活性剤、洗浄剤)
  • 変性アルコール(溶剤、収れん剤)
  • ポリソルベート20( 合成界面活性剤、乳化剤)
  • オレンジ花油(香料、精油)
  • レシチン(界面活性剤、乳化剤)
  • エタノール(溶剤、可溶化剤、収れん剤)
  • BG(保湿剤、溶剤、粘度低下剤)
  • アロエベラエキス(保湿性、抗炎性|毒性☆)

Point4 「洗浄力」

ブライトニングソープ 洗浄力

上から、BBクリーム、口紅、濃いアイシャドウを塗ってみました。

もっちり泡でくるくる洗浄。写真からも泡のクリーミーさがわかるかと思いますが、とても肌当たりが良く洗っていて気持ちいいです♪

ブライトニングソープ 洗浄力

アイシャドウは完璧にオフ、口紅もBBクリームもかなりしっかり落ちています!化粧品特有のお肌に残るとべたべたする感じもかなり軽減されており、あとは表面少しだけ&キメの間だけ、といったところ。低刺激のメイク落としレベルの働きはしてくれそうですね!

まとめ

保湿力、洗浄力がかなり高いうえ、使い勝手の良い石けんタイプなので、高いリピート率(93%)を誇るのも納得。泡切れがあまりよくないところがネックなので、朝は泡切れの良い洗顔料、夜にのんびりブライトニングソープで洗顔すると酵素洗顔のペース的にもちょうど良いかもしれません。

人気酵素洗顔の実力ランキングはこちら≫