究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » 最近話題の酵素洗顔料を検証してみました » ディープクリーンパウダーを検証

ディープクリーンパウダーを検証

保湿力、泡立ち、肌への優しさ、洗浄力など、ディープクリーンパウダーの効果について検証した結果をご紹介します!

ディープクリーンパウダーの実験スタート!

ディープクリーンパウダー

リサージのディープクリーンパウダーは個別包装タイプ。特徴的な形の容器は自立はしませんが持ちやすい形です。

つまむ部分の奥までパウダーが入っていますが、1個につき0.2gなのでちょっと少なめ。一度フタを空けてしまったら置く事ができないのがちょっとネックです。

Point1 「保湿力」

ディープクリーンパウダー 保湿力

ネットを使っても非常に弱い泡しかできないので、泡の層がとっても薄く、徐々に崩れてきてしまいます。たっぷり泡を顔全体につけたいなら、2回分くらいは使わないとダメかも。

ディープクリーンパウダー 保湿力

洗顔後はしばらく置いても乾燥はなく、お肌の質感もしっとりしていて良い感じなんですが…その代わり洗浄力が低く、鼻の毛穴周辺がまだすこしテカテカしているような感じがありました。

Point2 「泡立ち」

ディープクリーンパウダー 泡立ち

粒子が細かく、ザラザラとした感触のあるパウダーです。

水を入れると一瞬で馴染み、すぐに石けん水になりました。溶け残りの感触もなく、お肌に余計な刺激を与えることはなさそうです。

ディープクリーンパウダー 泡立ち

ディープクリーンパウダー 泡立ち

申し訳ないんですが、全っ然泡立たない!私が下手なのか?と思い2~3回チャレンジしましたが、どれも上手くいかず。一番泡が出来たときの写真がコレです。他の製品に比べてボリューム不足なのがよくわかると思います。泡も軽くキメが粗すぎてすぐヘタってしまい、指の力にすぐ負けてしまうくらいの弾力しかありません。

Point3 「肌へのやさしさ」

低刺激&マイルドな洗浄力なのでお肌が弱い方が絶賛の口コミを寄せるこのアイテム。たしかに配合成分は刺激を起こす可能性があるものはとても少なく、これなら無刺激といっても良いくらいのレベルです。ただし、プロテアーゼとリパーゼは合成酵素なので、必要以上に使うと必要なたんぱく質まで除去してしまうこともあるので、使いすぎにはご注意ください。

ディープクリーンパウダー 肌へのやさしさ
  • ラウロイルグルタミン酸Na(合成界面活性剤)
  • カルボキシメチルセルロースナトリウム(合成ポリマー・結合剤)

Point4 「洗浄力」

ディープクリーンパウダー 洗浄力

洗浄力を確かめるため、BBクリーム、口紅、濃い目のアイシャドウが落ちるかどうか実験してみます。

泡を手に乗せて馴染ませている最中に写真を取りましたが、この後どんどんメイクの油分に負けて泡が消え、最終的には無くなってしまいました…!

ディープクリーンパウダー 洗浄力

アイシャドウはなんとか落ちましたが、BBクリームや口紅は皮膚表面とキメの間にしっかり残っています。洗浄力は本当にマイルドなので、素肌にディープクリーンパウダーを使ったとしても、くすみが抜けていくまでだいぶ時間がかかりそうです。

まとめ

刺激が無く洗浄力もマイルド、うるおいをたっぷり残して洗ってくれるので、酵素洗顔を使ってみたいお肌の弱い方に最適。ですが、効果が見えるのがかなり遅い上に価格が高いので、少しでもお肌の調子が上向いてきたと思ったら別の酵素洗顔に乗り換えてもいいかもしれません。

人気酵素洗顔の実力ランキングはこちら≫