究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » 最近話題の酵素洗顔料を検証してみました » ビューティークリアパウダーaを検証

ビューティークリアパウダーaを検証

保湿力、泡立ち、肌への優しさ、洗浄力など、ビューティークリアパウダーaの効果について検証した結果をご紹介します!

ビューティークリアパウダーaの実験スタート!

ビューティークリアパウダーa

suisai「ビューティークリアパウダーa」は、すべて個包装なので保管場所や水濡れなどを気にしなくて良いのがメリット。1回分の量も微調整ナシでケースから出すだけでOKなのも楽チンで助かります。

封をしてあるシールをめくるとこんな感じでパウダーが入っています。個包装のケースが自立するので、お風呂で洗顔したいときなども事前に開封して置いておけるのがいいですね。

Point1 「保湿力」

ビューティークリアパウダーa 保湿力

洗顔中の1枚。顔全体を濃密な泡で覆い、角質や皮脂にアプローチしているところです。

ビューティークリアパウダーa 保湿力

洗い流してタオルで水気をぬぐった後、1分も立たない間に目元と口元のシワが出来やすい部分につっぱり感が出てきました。しばらくそのままで居てみましたが、肌全体までパリパリとしてくる感じはなかったので多少はうるおっているものの足りていない、といったところでしょうか。

Point2 「泡立ち」

ビューティークリアパウダーa 泡立ち

少々粗めの粉で、ザラザラとした感触。特にパウダーにニオイはなく、しいて言えば石けんの香りかな。

水との馴染みがよく、すぐに粉は溶けてクリーム状の石けん水に変わりました。水は少量でしたが全てのパウダーがキレイに溶けたようで、触った感じはとても滑らかです。

ビューティークリアパウダーa 泡立ち

ビューティークリアパウダーa 泡立ち

泡立てを始めると、初めは粗めで弱そうな泡が出てきたので一瞬不安がよぎりましたが、そのまま泡立て続けるともっちりとして指を跳ね返すくらいの弾力ある泡に変わり、刺激なく洗顔が出来そうです。泡の量もたっぷりと出来るので、口コミで「泡が立ちづらい」という意見が多いのが不思議なくらいです。

Point3 「肌へのやさしさ」

複雑な名称の成分ばかりで、パッと見ではどれが何をするのかよくわかりません。お肌の弱い方には、これだけ化学的なものが多いと刺激になってしまうかも?タンパク質を分解する酵素はプロテアーゼ-1とリパーゼ-2ですが、どちらも合成成分なので必要な皮脂・角質まで取り過ぎてしまう恐れがあります。

ビューティークリアパウダーa 肌へのやさしさ
  • テトラデセンスルホン酸ナトリウム(合成界面活性剤)
  • ミリストイルグルタミン酸Na(合成界面活性剤)
  • ラウロイルグルタミン酸Na(合成界面活性剤)
  • ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン(合成界面活性剤)
  • メチルハイドロジェンポリシロキサン(合成ポリマー)
  • 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン(合成ポリマー)
  • パラベン(防腐剤)
  • BG(溶剤・粘土低下剤)

Point4 「洗浄力」

ビューティークリアパウダーa 洗浄力

上から、BBクリーム、口紅、濃いアイシャドウを塗っています。

泡を乗せて洗います。泡の力だけでなく、指で皮膚に軽く触れてメイクを落としてみると…

ビューティークリアパウダーa 洗浄力

アイシャドウは落ちましたが、口紅とBBクリームが皮膚の表面にべったりと残っていますね。まぁメイク落としではないので、軽いメイクが落ちるだけでも合格点でしょうか?

まとめ

色々検証してみましたが、正直これと言って目を見張る点は無いかな。比較したポイントにはありませんが、個包装なので管理が楽なこと、ドラッグストアなどで購入できるのでいつでも入手できることがこの商品のメリットでしょうか。ただし価格が高いので無理してこの商品でなくとも…という感じです。

人気酵素洗顔の実力ランキングはこちら≫