究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る

酵素パックの作り方を紹介

酵素パックを手作りするメリット

酵素パックを手作りする人は少なくないです。市販のものを購入するのではなく、自分で作ることには様々なメリットがあります。

  • どんな成分が入っているのか明確にできる
  • 市販の酵素パックを選ぶ場合、自分に合っているものかどうか成分表を確認する人もいるはずです。しかし、内容を全部正確に理解できる人はほとんどいないでしょう。手作りの場合、全て自分で作るので、何が入っているか、何を入れるかを正確に把握することができます。防腐剤や着色料などの気になる成分は一切入っていない無添加の酵素パックを作れるので安心です。

  • 肌に合ったものを配合できる
  • 手作りの醍醐味でもありますが、自分だけのカスタマイズ酵素パックを作ることができます。欲しい成分や、欲しい成分の濃度を自分で決められるので、オリジナルの酵素パックに仕上げることができます。また、不要な成分を排除することもできるので、合わない成分がある人や敏感肌の人の「市販の商品に何が入っているかわからない」といった不安要素をなくせるのもうれしいですね。

  • 混ぜるだけだから簡単
  • 手作りと聞くと「難しそう」「面倒くさそう」といったイメージを持つ人も多いですが、実際はただ混ぜるだけでできちゃうものがほとんどです。入門編として化粧水やバームを作ることが多いですが、基本的な材料と好みのフローラルウォーターや精油を混ぜるだけで完成するので誰でも簡単に作れます。
    手作りキットを扱っている専門店もあるので、興味はあるけど踏み出せずにいる人、なんとなく敷居が高いと感じている人は体験キットから試してみると良いでしょう。

  • 自分のためだけのものだから作るのがたのしい
  • 手作り酵素パックは、一度作り方を覚えてしまえば簡単です。成分を自由にカスタマイズできることから、次はどの成分を入れてみようか、この成分を入れてみたらどうなるのか、など色々試せるので作るのが楽しくなっていきます。自分で作ることの安心感と楽しみを味わえるのが手作りの魅力ともいえるでしょう。

このように、手作りすることで得られるメリットがたくさんあります。自分のお肌に合う、安心できる材料を自分で選んで作れるので、市販の商品と比べてシンプルで使いやすい酵素パックを取り入れられるようになります。ぜひ一度作ってみて、手作りの魅力を体感してください。

レッツ酵素パック作り~基本的な作り方~

基本的な酵素パックのつくり方を説明します。
酵素ドリンクだけでだと刺激が強くなりすぎてしまうので、精製水で少し薄めて作ります。酵素ドリンクとお水を4:1もしくは5:1を目安に容器に入れてよく混ぜ合わせます。水の代わりとして良質なローションや天然のハチミツで作ると、しっとりとした酵素パックに仕上げることができます。より効果的な酵素パックを作りたいなら、酵素ドリンクにフルーツやヨーグルト、コーンスターチを混ぜるのもおすすめです。

ここで注意しておきたいのが、アレルギーです。ドリンクの種類によって異なりますが、酵素ドリンクの原材料は数十種類の野菜や果物が豊富に使用されています。その原材料の中にアレルゲンとなるものがあった場合、酵素パックを使用した際にアレルギー反応が起こってしまう可能性があります。それを防ぐために、パックをする前にはパッチテストを行ないましょう。

おすすめの材料紹介

  • ヨーグルト(無糖)
  • ヨーグルトにはピーリング作用があり、お肌に塗ることで皮膚の表面に溜った古い角質を取り除き、お肌の新陳代謝を促すことができます。また、ヨーグルトには抗酸化作用のあるビタミンB群、ビタミンAが含まれているので、メラニン生成を抑えることができます。乳酸菌にも美容作用があるので、お肌の状態を整えるのにも効果的です。

  • ハチミツ
  • ハチミツは高い保湿効果や殺菌作用、消炎作用があり、体だけではなくお肌にも良いとされています。ハチミツでパックすることでお肌をしっかりと保湿してくれるので、美肌効果を得られることでも人気です。さらにハチミツには、ビタミンやミネラル、アミノ酸などお肌に必要とされている成分が含まれているため、お肌を健康な状態にしてくれます。

  • コーンスターチ
  • コーンスターチは料理だけではなく、ベビーパウダーの原料にも使われている安全な成分になります。見た目は片栗粉と似ており、どちらもとろみをつけるものとして用いられていますが、原料が違います。コーンスターチの原料はトウモロコシでお肌に悪影響を及ぼすことはありません。
    液体の酵素ドリンクに混ぜることで、通常のパックのようなテクスチャーに仕上げることができます。さらに効果を上げたいなら、酵素が豊富なリンゴやパインを混ぜて作るのをおすすめします。果汁を作り、コーンスターチと混ぜ合わせれば完成です。

酵素パックは上記のような、身近な材料で作ることができます。お金をかけずに本格的な酵素パックに仕上げられますよ。