究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る

チェックポイント4.洗浄力

洗い残しは尾は差トラブルの原因!しっかりと汚れを落とせる、洗浄力が高い酵素洗顔料を選ぶために知っておくべきことをご紹介します。

洗浄力は強すぎても弱すぎてもNG

酵素洗顔 洗浄力
洗顔料は顔の汚れや皮脂を落とすものですから、効果があればあるほど良いと思っている方も多いと思います。しかし実際は、洗浄力が強すぎると本来はお肌に残しておくべきうるおいまで奪ってしまい、せっかく正常に働いていた肌のバリア機能を壊してしまいます。

必要な角質まで剥がれてしまうとターンオーバーのペースが早くなりすぎてしまい、まだ未熟な細胞が表面に出てきてしまうため、乾燥肌、敏感肌、小じわ・ほうれい線などを加速させてしまうのです。

お肌には自浄作用があり、毎日出る汚れや皮脂はぬるま湯で洗う程度で簡単に落ちるものなんです。じゃぁ洗顔料なんて必要ないんじゃないの?という意見もありますが…
起床時は皮脂や汚れが比較的少ない状態なので、乾燥していてお肌を刺激したくないのであれば、洗顔料を使わないケアでも大丈夫。ですが、日中アクティブに活動した後のお肌には沢山の汚れやメイクが付着しており、皮脂もバリア機能をキープする以上の量がお肌の上にある状態です。
これをぬるま湯だけのケアや、効果の弱すぎる洗顔料で洗おうとすると、威力が不十分なため顔に汚れを残してしまい、肌トラブルが起きる原因を自ら作ってしまっているような状態になってしまうんです。

適度な洗浄力のアイテムをきちんと毎日使い、その日の汚れはきちんと落とすのが美肌への近道です。

酵素洗顔は「天然成分」をチョイス

酵素洗顔料は、お肌表面にとどまっている不要なたんぱく質(角質や皮脂)を分解して落としてくれるので、お肌のターンオーバーを正常に保つために定期的に取り入れていきたいアイテムです。

・・・さっき「パワフルすぎる洗浄力はダメ」だと書いたじゃないか、って?
確かにその通りで、毎日のケアはあまり推奨されていません。週1回~2回、スペシャルケアとして行うのがおすすめです。毎日きちんと洗顔しているつもりでも、とり切れなかった角質がたまると「くすみ」が、また毛穴に汚れが蓄積して酸化して「黒ずみ」が発生してしまいます。
酵素洗顔 洗浄力

これらを防ぐには、たんぱく質を分解する酵素洗顔が一番効果的です。

酵素洗顔料に含まれている酵素には「天然」と「合成」の2種類あり、合成の酵素はすべてのたんぱく質にアタックしてしまうのに対し、天然の酵素(特にパパイン酵素)は「不要なたんぱく質だけ」見分けるセンサーがついているかのように働きます。そのため、お肌のうるおいを取り過ぎる事は無く、洗い上がりもしっとり感をキープしてくれるのです!

また、洗顔料自体に保湿成分が含まれていると、汚れを落としてまっさらになった角質に間髪いれず保湿ケアを行えるので、お肌が無防備な状態で外気に晒される事はありません。「保湿は洗顔後すぐに」というのが一般的ですが、洗顔料で保湿をしてしまえばそこまで焦らなくても大丈夫。気持ちの余裕も出来るのでオススメです。