究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » 酵素洗顔料の基礎知識 » 酵素洗顔料のメリットとデメリット

酵素洗顔料のメリットとデメリット

古い角質をなくしてつるつるの美肌になるために、酵素洗顔のメリットとデメリットをしっかり知っておきましょう。

メリット:お肌の不要な角質・黒ずみなどをキレイに落とす!

酵素洗顔の最大のメリットといえば、肌表面の角質や毛穴の黒ずみを分解し、キレイに落としてくれること。古くなった角質や酸化した角栓がきれいに落ちれば、お肌の透明感が増し肌色がワントーン明るくなります。

お肌のターンオーバーサイクルは通常28日ですが、乾燥や皮脂過多、加齢などでサイクルは崩れてきてしまいます。サイクルがどんどん伸びてしまうと肌表面にいつまでも古い角質が残った状態(角質肥厚)になりますが、酵素洗顔なら古い角質を分解して正常なターンオーバーに近づけるように促してくれる効果が期待できます。

また、皮膚表面のざらつきや角栓・皮脂汚れが落ちて肌触りもすべすべとした状態になります。

皮脂量が増える夏場などは黒ずみや肌トラブルが発生しやすいので、酵素で汚れをきちんと落とすことで美肌がキープできますよ。

デメリット:やりすぎるとお肌を痛め、トラブルの元に

酵素洗顔料の中に配合されている酵素は、植物性のものと合成性のものがあります。どちらも成分表記は同じなのですが、合成成分の酵素は、成分が安定していないうえ、その働きも極端。毎日のように酵素洗顔をすると、不要な角質だけでなくお肌に必要なたんぱく質までも落としてしまいかねません。

それが原因でお肌に水分を保てなくなり乾燥したり、お肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌してテカテカしたり、多すぎる皮脂が参加して黒ずみがさらに悪化するケースも出てきます。

これらは、全てお肌のターンオーバーが通常レベルを通り越して「早すぎる」段階まで到達してしまったのが原因。ターンオーバーが早いと、今紹介したようにバリア機能が低下して敏感肌になったり、過剰に守ろうとして皮脂過多になります。また、本来お肌が持っている「不要な角質を落とす」働きをする酵素が十分に作られないために、剥がれ落ちるべき角質がいつまでもお肌に残り、結果として角質肥厚になってしまうんです。

商品に定められた使用頻度をきちんと守らないと、酵素でお肌を余計に傷つけてしまいます。合成成分で作られた酵素洗顔料を使うとツルツルになってスッキリした感じがありますが、それは必要なものも全て落ちているということ。毎日使うことは絶対にせず、週に1~2回という位置づけをきちんと守りましょう。

一方、植物性の酵素はお肌に不要な角質のみを取り除いてくれる働きを持っています。天然成分なので、敏感肌・乾燥肌の方にも優しく毎日使用できるため、酵素洗顔のデメリットはほぼありません。

酵素洗顔を選ぶ際の判断基準として、覚えておいてくださいね。