究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る
HOME » 酵素洗顔料の基礎知識 » 酵素洗顔料の成分

酵素洗顔料の成分

酵素洗顔料を選ぶ時に知っておきたい成分とは?こちらでは、酵素洗顔料に多く含まれている成分についてご紹介します。

洗顔料としての決定的な違いは「配合成分」と「形状」

一般的な洗顔料は「顔の皮脂や汚れを洗い流すもの」なのに対し、酵素洗顔料は「汚れを洗い流す上、古い角質を分解して取り除く」効果が備わっています。当然ながら、酵素洗顔料には古い角質=たんぱく質を分解してくれる酵素が配合されています。どちらもドラッグストアやコスメカウンター、通信販売などで購入することができますが、酵素が配合されている分、一般的な洗顔料より少し価格が高めになっています。

もうひとつ大きな違いが「形状」です。普通、洗顔料といえばチューブ入りのタイプを連想しますよね。次いで石鹸タイプ、ジェルタイプあたりでしょうか。それに対して、酵素洗顔料はほとんどが「パウダータイプ」を採用しています。
酵素は水と反応して働きが活性化するという性質があります。使う直前に水にふれさせるのが効果的なので、パウダータイプが最適なのだとか。

また、パウダータイプは水分がないため、保存料や安定剤など余計な成分が入ってなくても品質が保たれるのも、肌のことを考えると嬉しいですね。

よく配合されている酵素成分紹介

酵素洗顔料に多く使われている成分は下記になります。

パパイン酵素

青パパイヤに含まれる酵素で、まるでセンサーがついているかのごとく「不要な角質だけを分解して取り除く(生きている細胞には働かない)」という驚きの効果が認められています。これは天然酵素の中でもパパインのみの働きで、お肌に優しい酵素として注目を集めています。

ブロメライン(パイン酵素)

パイナップルに含まれる酵素で、たんぱく質を分解する力はかなり強力。パイナップルをたくさん食べると舌がヒリヒリするのは、この酵素によって口の中のたんぱく質を分解しているからなのだそう。

プロテアーゼ(天然酵母由来の酵素)

人間にも備わっているたんぱく質分解酵素なので、お肌へのダメージは最小限で済みます。ただし、合成して作られたプロテアーゼの場合はお肌へ刺激を与えることになりかねませんので、由来をきちんと調べる必要があります。

海洋複合酵素

深海より抽出された天然の酵素。たんぱく質分解以外に、痛んだ肌細胞を掃除してくれるほか、皮下の抹消血管の血流を増加させて新陳代謝を高める働きがあります。健康な部分はそのままに悪い部分にだけ作用するのもこの酵素の特性です。

その他、微生物から抽出したもの、サンゴ粉末が入っているものなど様々なタイプが存在します。