究極の酵素洗顔料はどれ?~全アイテム徹底検証しました~:人気の酵素洗顔料でお肌を洗い比べ! No.1に輝くのは?

比較結果を見る

酵素洗顔料の効果とは?

酵素洗顔料の効果にはどんなものがある?また、使用上の注意するべきの事を解説します。

酵素洗顔料ってどういうもの?

そもそも酵素とは、人間の体で起こる化学反応に対して機能するもののこと。基本的には物質を分解する働きを持っており、例えば体の中だったら食べたものを吸収しやすい形に変化させてくれます。お肌表面でたんぱく質を分解する酵素が働けば、古くなった角質や角栓(どちらもほとんどがたんぱく質から出来ています)を分解して取り去る効果を感じられます。つまり、洗顔に適した酵素を含んだ洗顔料を使えば、一般的な洗顔料よりもしっかりと汚れを落とすことができるのです。

酵素洗顔料はお肌の表面の角質をどんどん落としてくれるので、くすみや黒ずみ毛穴の悩みを解消してくれるほか、長期的に使っていけば滞りがちだったターンオーバーも改善する事が出来ます。ただし、頻繁に酵素を使いすぎると敏感肌になったり、肌荒れしやすくなる可能性もあるので商品に明示されている使用方法・頻度を正しく守るようにしてください(洗浄力が強いため、毎日の使用が推奨されない商品もありますのでご注意ください)。

初めは週に1度、夜の洗顔から酵素を取り入れてみましょう。朝よりも夜のほうが皮脂分泌が多いので、効果をより感じられるはずです。週1回ではくすみが抜け切らないのであれば、頻度を週2~3回に増やしてみても良いと思います。

酵素洗顔を行う上での注意点

お肌に嬉しい効果を色々ともたらしてくれる酵素洗顔ですが、以下のきちんと注意を守らないと逆にお肌に刺激になってしまうこともありますので、注意してください。

ニキビが出来たときは使用を控える

ニキビの原因は角栓の詰まり…と思われがちですが、ストレスや乾燥など原因は様々で、対処法も一概には言えません。角質や角栓を酵素で分解してしまうことで悪化してしまう可能性も高いので、ニキビが出来たら一旦使用を中止し、肌状態が落ち着いてから再開しましょう。

敏感肌・乾燥肌の人は何か症状が出たらすぐ中止する

元々ターンオーバーが早かったり、肌表面に余分なたんぱく質がない方が酵素洗顔をすると逆効果になる恐れがあります。使いながらよく肌状態をチェックし、少しでも違和感があったらすぐに中止してください。

洗顔後は保湿・紫外線対策を念入りに

酵素洗顔後は今まで表面にあった古い角質がなくなるため、基礎化粧品が浸透しやすい肌状態であると同時に刺激には非常に弱くなっています。化粧水や美容液でお肌に良い成分を奥まで届けたあとは、肌表面を紫外線から守り余計な刺激を与えないようにしましょう。

また、どんな洗顔料でも当たり前のことですが、擦りすぎは無駄な刺激になってしまうので絶対ダメ。たっぷりきめ細かい泡を立てて、泡で洗うようにしてください。

使用する前にパッチテストをしておく

酵素洗顔は洗浄力が高い分、肌がピリピリすると感じる人もいるようです。特に肌が乾燥する季節はピリピリすることがあるので、初めて酵素洗顔を使用する時は事前に二の腕の内側などでパッチテストをしましょう。

夜だけに使用する

朝起きてから洗顔をするという人もいるかもしれませんが、酵素洗顔は夜だけ使用するようにしてください。酵素洗顔は肌の古い角質を分解して落としやすくする効果があるのですが、朝に酵素洗顔をしてしまうと、日中に肌の角質が分解されてしまうので、バリア機能が弱くなってしまいます。その状態で紫外線などの刺激にさらされると肌トラブルにつながる可能性もあるので、必ず夜に使用するようにしましょう。

肌を擦り過ぎない

酵素洗顔は通常の洗顔に比べて洗浄力が高いのが魅力です。そのため、肌を擦り過ぎてしまうと逆に肌にダメージを与えてしまうことになります。酵素洗顔をする時は、よく泡立てた後に優しく洗うようにしましょう。間違った洗顔方法を続けているとくすみや乾燥の原因になってしまうので、強く擦らないように気を付けてください。

天然由来のものを使う

酵素洗顔の酵素は天然由来のものと合成酵素の2つがあります。合成酵素の洗浄力は非常に強力で、角質を根こそぎ除去してしまいます。人によっては合わない場合もあるため、比較的穏やかに作用する天然由来の酵素を使うようにしましょう。

そもそも酵素洗顔はどういった効果があるのか?

酵素洗顔には皮膚の汚れを落とす効果があります。酵素洗顔に含まれているのは、タンパク質や脂肪を分解するプロテアーゼやパパインなどの酵素。皮膚の汚れである角質や皮脂はタンパク質や脂肪で構成されているため、酵素洗顔を使うことでタンパク質や脂肪を分解して汚れを洗い流すことができるのです。スキンケアと合わせると肌をきれいに保ちやすくなります。酵素洗顔は毛穴の奥の汚れと皮脂が混ざった角栓を取り除いてくれるのも魅力。通常の洗顔では落とせない汚れまで落としてくれるため、メイクや皮脂の分泌過多が原因で起こる大人ニキビや毛穴のつまりを防ぐことが可能です。ニキビで悩む方にとって強い味方といえるでしょう。

酵素洗顔と一般的な洗顔はどう違う?

普通の洗顔との違いは、毛穴の奥の汚れまで落とせるかどうか。ドラッグストアなどで売られている一般的な洗顔料は毛穴の奥まで届かないことがほとんどです。そのため、毛穴に汚れが溜まってできた角栓はとれず、黒ずみが解消できません。タンパク質を分解する酵素洗顔は肌の角質とともに毛穴も洗い流してくれるため、使い続けることでどんどん黒ずみが薄くなってきます。また、洗顔・クレンジングでは落としにくい角質も取り除くことが可能。角質の成分は70%以上がタンパク質なので、油分だけに効果がある一般的な洗顔料では落としきれません。そのため、酵素洗顔が必要になってきます。

ただし、肌トラブルが解消できるからといって、使いすぎないように注意しましょう。皮膚もたんぱく質の一種なので、使いすぎると皮膚のタンパク質が分解されてしまい、肌にダメージを与えてしまいます。酵素洗顔を使う際はきちんと記載されている使用方法を守り、最大限の効果を得られるようにするのがベストです。

酵素洗顔の成分

「酵素洗顔」といっても全てが同じ成分ではありません。作っている会社によって含まれる酵素や成分、量は違います。主に使われている酵素はパパイン酵素、プロテアーゼ、ブロメライン(パイン酵素)、海洋複合酵素など。タンパク質の分解作用が強力なプロテアーゼやブロメライン、不要な角質だけを分解するパパイン酵素や傷んだ肌細胞を掃除し新陳代謝を高める海洋複合酵素など、酵素によって効果が違います。酵素洗顔は使う目的に合わせて選びましょう。

使ってみた方の声

口コミでは酵素洗顔を使う前はくすみがちだった肌が、使った後は明るくなっているとの声も。酵素洗顔は表面の汚れを落としてくれるので、肌の色がひとまわり明るくなったように見えます。また、洗い流した後の肌が引き締まり、製品によっては化粧水を付けなくても保湿されているような状態に。ただ時間とともに乾燥してくるため、肌の保護という意味でも早めに化粧水や乳液で保湿しておくのが良いでしょう。毛穴を傷めずに洗い流してくれるので、毛穴が黒ずんで見えるイチゴ鼻も解消。普通の洗顔で洗った時と比べて目に見えて違いがわかるため、酵素洗顔を利用している方は多いようです。

酵素洗顔の効果をアップさせるにはどんな方法がいい?

酵素洗顔の効果を高めるには、皮脂汚れを落としやすくすることが大切。そのために毛穴を開かせたり角質をやわらかくしたりと酵素が汚れを分解しやすい状態を作っておきましょう。肌の血行を良くする、よく泡立てて洗顔するなど方法はさまざまです。できるだけ汚れを残さないように洗ってください。また洗顔後のスキンケアも重要です。酵素洗顔の効果を高めるためにおすすめの方法をまとめているので、気になる方は試してみてくださいね。

蒸しタオルケアのやり方

  1. まずは蒸しタオルを作ります。濡らしたタオルをしっかり絞り、電子レンジで30秒~1分加熱します。
  2. 蒸しタオルを電子レンジから出したら、数回振って熱を少し冷まします。
  3. 洗顔前に蒸しタオルを顔に乗せます。冷めてきたらタオルを外し、酵素洗顔をして下さい。
  4. 最後に開いた毛穴を引き締めるために、冷たい水で顔を洗いましょう。

蒸しタオルは誰でも簡単に作れますし、これをするだけでニキビや毛穴の詰まりといった肌トラブルを予防できるので、是非試してみて下さい。

洗顔前に手を綺麗にする

酵素洗顔をするなら、手を綺麗にしておくのが重要。手には見えない汚れやホコリがついていることが多いため、そのまま洗顔すると手の雑菌が顔についてしまうことがあります。汚れた手で泡立てて洗顔してしまうと、先に手の汚れを落としてしまい洗浄力が無くなります。洗う際は手のひらや手の甲、指の間などをしっかり洗い、汚れが残っていない状態が望ましいです。もちろん爪の間や手首も残さず洗いましょう。効果を高めるために、洗顔はきちんと綺麗にした手で行ってくださいね。

ぬるま湯で丁寧にすすぐ

汚れを効率よく落とすためには、洗顔前にぬるま湯で顔をすすぐのがおすすめです。32~34度くらいのぬるい温度で素洗いし、落としやすい汚れを洗顔前に取り除いたうえで酵素洗顔を使いましょう。酵素洗顔を行う前にある程度の汚れが落ちるので、余計な部分に洗浄力を使わず効率アップ。洗顔料が肌になじみやすくなるというメリットがあります。また、洗顔中もぬるま湯を使うようにしてください。熱いお湯や冷水での洗顔は肌ダメージの原因となり、乾燥や赤ら顔を引き起こします。

タオルで押さえるようにして水分をふき取る

洗顔後はタオルで押さえるようにして、顔に残った水分をふき取りましょう。ゴシゴシとこすってしまうと傷ついてしまい、皮脂や角質が落ちたばかりの肌がダメージを受けることに。こすりすぎると肌にかかる負担が大きくなり、皮脂の過剰分泌や敏感肌といったさまざまな肌トラブルを引き起こします。洗ってすぐの肌はバリアが無い状態なので、優しくなでるようにタオルでふくのがベスト。「せっかく酵素洗顔をしたのに肌トラブルが…」なんてことにならないよう、注意が必要です。

洗顔後の保湿を念入りにする

水分をふき取ったら次は保湿。酵素洗顔をした後の肌はいつも以上に敏感で刺激に弱くなっているので、乾燥させないように保湿を徹底してくださいね。いつも使っている化粧水や乳液でのケアでOKですが、フェイスパックも合わせて行えばより保湿効果を高められます。パックをする際は、美容成分や保湿成分が含まれているものを選んで使うと効果的です。ただし、保湿中に刺激や痛みを感じた場合は酵素洗顔で負担がかかりすぎているため、いったん使用を止めましょう。

酵素洗顔は週2~3回まで!

酵素洗顔は洗浄力が強い洗浄料なので、汚れを落とせるからと毎日使うのは厳禁です。酵素がタンパク質や脂肪を落としていくので、使い続けると肌に負担がかかり次第にボロボロの状態に。酵素が新しい角質も分解してしまうため、肌のターンオーバー(新陳代謝)を妨げてしまいます。汚れを落として綺麗な肌にするつもりが、逆にダメージを与えてしまうという悪循環を引き起こしかねません。理想は週1回、多くても週2~3回の使用に留めましょう。